1: うしうしタイフーンφ ★ :2011/04/29(金) 09:09:37.32 ID:???0
★自民「不信任」大合唱 公明・草川氏の「補正賛成は菅退陣が条件」に大喝采 谷垣執行部はまだ迷い…

森喜朗元首相が産経新聞のインタビューで菅直人内閣の不信任決議案提出を呼びかけたことを受け、自民党各派領袖は一斉に同調した。5月26、27日の仏ドービル・サミットで新首相をデビューさせるべきだとの声も強まっており、5月上旬の不信任案提出への流れはできつつある。ただ、谷垣禎一総裁ら党執行部は早期提出に慎重な姿勢を崩しておらず、提出時期をめぐる攻防が今後の焦点となる。(佐々木美恵)(中略)

ところが、谷垣氏ら党執行部は慎重姿勢を崩さない。不信任案を提出すればその後は審議拒否するしかない。もし否決され、政府・与党が国会を大幅延長した上で2次補正予算案などを次々に提出すれば抵抗するすべがなくなるからだ。

小池百合子総務会長は「不信任が通らなければ政権にフリーハンドを与えることになりかねない」と否定的な見方を示した。

東日本大震災後、「政局優先」との批判を恐れて「菅降ろし」に慎重な姿勢だった公明党も態度を変えつつある。28日の党政調全体会議で支持母体の創価学会に強い影響力を持つ草川昭三副代表が「第1次補正に賛成するが、菅の退陣を条件に認める。それを両院議員総会で決めるべきだ」とぶちあげると、出席者から喝采が起きた。

高まった機運に水を差せばチャンスは二度と巡ってこない。谷垣氏らが決断を先送りすれば、批判の刃(やいば)は執行部に向きかねない。

産經新聞から抜粋 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110429/stt11042901020000-n1.htm

2chURL:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1304035777/
4: 名無しさん@十一周年 :2011/04/29(金) 09:12:20.95 ID:fRE2xJD10
不信任出すのはいいけど、確実に仕留めろよ。
頼むぞマジで。
6: 名無しさん@十一周年 :2011/04/29(金) 09:15:52.11 ID:aRvpDp4P0
求む!必殺仕事人!
9: 名無しさん@十一周年 :2011/04/29(金) 09:19:44.00 ID:AfV0G4nZ0
不信任成立しても菅辞めないじゃない?責任感も恥の意識も皆無だから
むしろこの機に谷垣を交代させる方が大事な気がするな、このままの流れで
谷垣首相なんて民主党と大差ない
続きを読む